50代企業内診断士のつぶやき

50代の企業内診断士が、中小企業診断士試験や合格後の副業、iPadなどを使ったペーパーレスに挑戦する様子、エクセルの活用、会社員あるある、等をつづります

40代、独学で中小企業診断士になれるのか?

f:id:okatasan-smec:20191110092919p:plain

<この記事は字4174字です>

結論 中小企業診断士試験に合格するには、予備校のお世話になった方がいい、と思う

40代独学で中小企業診断士になれるのでしょうか?

そもそも、年代云々ではなく独学で診断し試験に合格できるのでしょうか?当たり前ですが、独学で中小企業診断士になれる人はいます。

しかし、いままでたくさん(百数十人)の診断士に会っていますが、独学合格者はほとんどいません。東京大学法学部卒の弁護士の方でも予備校に通っていましたね。

どういう事かというと、あえて独学を選択するメリットがないということです。

お金はかかりますが、その分勉強時間を短縮できます。つまり、お金をかけることで、できるだけ効率的に合格を目指せるわけです。

特に優秀な方は、すでにかなりの収入がある方も多いですし、資格を取得後、それを活かし稼ぐことができます。その額を考えれば予備校代は安いと考えるのでしょう。自分への先行投資ですね。

 

独学を選択した場合は、様々な困難が待ち受けています。中小企業診断士試験は範囲が広く、試験の傾向と対策が不可欠です。通学者は学校に教えてもらえますが、独学者は自分でつかまなくてはなりません。最新の受験傾向などの情報がないのは、大きなハンデキャップです。

私の場合は自分のキャリアプランもなく、授業料をケチって独学でスタートし、多年度受験者となって泥沼の受験生活を送ることになってしまいました。

もちろん、すべての独学者のがその様なことになってしまう訳では有りません。個人差はあります。

その辺りを、私の受験経験をあわせながらづづります。

 

中小企業診断士試験 多年度受験者から見た良い学校・教材とは

中小企業診断士試験とはどんな試験なのか?

中小企業診断協会のHPには中小企業診断士を下記のように定義しています。ようするに、中小企業へむけた経営コンサルタントを国が認定します、ということです。

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。
中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。
 中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

 

一般社団法人中小企業診断協会

 

中小企業診断士試験には、1次試験と2次試験があります。

一次試験

一次試験はマークシートで7科目です。700点満点のうち合計得点が420点(60点平均)以上であれば合格です。また、科目合格制度がありますので、それを利用すれば、仕事が忙しく時間を確保しにくい方も挑戦しやすくなっています。

1次試験の落とし穴

一次試験には落とし穴があります。一次試験はマークシートという事もあり、合格しやすいと言いましたが、毎年超難化する科目が登場します。科目合格をしていて、残り2科目といったケースで、超難化科目にぶつかってしまうと、それが得意科目だったとしても合格は難しくなってしまいます。

例えばH30年の1次試験の経営法務の科目の60点以上の合格率は5.1%でした。100人受験して60点以上の合格者が5名しかいない難しさです。通常経営法務は20%程度です。この科目を得点源にしている受験生はたまったもんではありません。

その一方で、簡単になる科目も登場します。情報システムなど、40%位の科目合格率の時もあったかと記憶しています。

これらの科目がどこで登場するかは、予測がつきません。

このようなリスクを避けるためにはできるだけ多く科目試験を受けたほうがいいのです。が・・・そうなんですが、受験科目が増えればそれだけ勉強が大変であることは間違いありません。

2次試験

2次試験は論述試験です。組織、マーケティング、運営管理、財務、の4科目です。試験時間は90分で、だいたい1000字位の記述をします。私の経験で言いますと、中小企業診断士試験はこの2次試験が山場といっていいでしょう。1次試験は、勉強さえすればクリアできますが、二次試験はそうはいきません。単純な知識の詰込みでは通用しません。”合格する為のスキルを身に着ける”といった方が的を射ていると思います。

f:id:okatasan-smec:20190105001127j:plain

出所:一般社団法人中小企業診断協会

上表はH30年の2次試験の結果です。

H30の2次試験の平均合格率は18.8%でした。ここだけ見ますと約2割が合格となりますが、1次試験をクリアした中での2割です。1次試験の合格率が23.5%でしたので、H30年の全体としての合格率は4.4%となります。狭き門ですね。

2次試験は若い方が有利

また、2次試験に限っては年齢が低い方が高い傾向があります。この試験は企業経営に関する試験であるため社会人経験が多い方が有利かと考えてしまいますが、そうではありません。

もう一度言いますが、2次試験は若い方が有利な結果が出ています。この結果は経験的に何となくわかります。

2次試験は問題文を読んでそれを理解してロジカルに整理する必要があります。とにかく時間が足りなくなります、この作業はさながらIQテストのようです。そのあたりがこの若者有利な結果につながっているかと思います。

合格者は1000人

そして、最終合格者は毎年1000人程度で推移しています。これは、合格後に控えている実務補修の受け入れ限度から設定していると聞いたことがあります。つまり2次試験は上位1000人を目指す競争ということになります。

40代での試験突破、1次試験は勉強すれば突破は容易ですが2次試験はそれに加えた”何か”が必要なのです。

2次試験の肝

私は、独学でスタートしましたが、結果的にはいろんな受験校の教材に手を出してしまい、受験対策がばらばらになっていました。どの対策が自分に合っているかがわからなくなってしまっていたのです。そんな泥沼にはまっているうちに気付きました。

問題の構造は簡単なんだ!・・と

 

  1. 現在は会社がうまくいっている
  2. しかし、経営環境が変化してきた
  3. その変化にいかに対応するか

 

すべての問題はこの構成でできているということです。(事例Ⅳの財務以外)

このことを意識するようにしたら、回答の質が上がってきたと思います。この構造は、実際の企業経営と同じですね。

独学で中小企業診断士試験に合格する人は?

 さて、そんな試験を独学のみで合格する強者はどんな人なのか?私があったことがある独学試験合格者もしくは、ほぼ独学者は、大きく2つのタイプに分かれます。ほぼ独学者とは、一次試験後の2次対策のみを1ヶ月程度通学し、一発合格した人を指します。

  1. そもそも会社経営に携わる仕事をしている(コンサルタントを含む)
  2. 1流大学出身者

1.は、税理士、銀行系、政府機関系、MBA、などです。これらの方たちはすでに経営に関する知識があります。要は、すでに合格する能力を持っている人達です。

2.は、東大や京大、早慶などの1流大学出身者です。これらの方はそもそも頭がよく勉強が得意な方たちです。この様な人達は、サッと一発合格していきます。

私のような勉強弱者は彼らには到底かないません。特に2次試験では、国語力(文章力)が問われます。この手の方は受験生時代から、論文などを作成する機会も多いこともあり、力を発揮してきます。

従って、1、2、のような方が合格者の上位10~20%を占めているかと思います。私のような弱者にとっては、余った80%(1000名合格として800名)に食い込む必要がありますので、合格率は4%より低くなると考えていいのです。

私は、独学でスタートしてしまった

 私は、上記の2項目に全く該当していません。しかも、学費をケチって、何とかなると甘く考え独学でスタートしてしまいました。その為なのかそうでないのかは微妙ですが、私は多年度受験者となってしまいました。私の受験歴は下記の通りです。結局いろんな受験校のお世話になってしまっています。

1次試験4回 *最初に1次を突破するまで4回を要しました

2次試験2回 *2回の2次試験敗退。挫折。2度目の2次不合格は、精神的にこたえます。

1次試験1回 *何とか気持ちを切替て復活。4度受験の蓄積があり一回で合格

2次試験2回 *背水の陣で何とか合格

 

私は当初この試験の難しさなどあまり考えずに独学で取り組んでしまいました。当然、最初はうまくいかず歯が立ちませんでした。その後も独学を継続しましたが、合格出来ず。3回目の1次試験で敗退したとき独学をやめるか考えました。

しかし、この段階で高い授業料を払い、いまさら学校に通うのか?との思いがあり、そのままずるずると1次試験で大きくつまずきました。

 何とか1次試験はクリアできましたが、次は2次試験です。前段で言いましたが、この2次試験が曲者です。そうであるだけでなく独学では自分の答えが正しいかどうかの評価ができない、といった問題が出てきます。

結局、また少しでも安く済まそうと格安な答練(模擬試験のようなもの)コースなどいろいろ手を出してしまいます。そして、どんな戦略で挑んだらいいかわからなくなってしまいました

仲間は大事

一緒に頑張る仲間を見つけることも長丁場の試験に取り組むうえで大事かと思います。私は独学でしたが仲間はいました。スタートは一緒でしたが、皆学校に通い、さくっと合格しました。

定期的な会合では、私がどうしたら合格できるかが、メインの話題となっていきました。辛いですね・・・

しかし、その仲間たちが励ましてくれたことで、気持ちを切り替える事ができました。仲間がいなかったら途中で諦めていたと思います。

まとめ

今、当時の自分にアドバイスができるのであれば、最初から学校に通うことを勧めます。1次試験は暗記の要素が多くどの学校も大きな差はありませんが、2次試験では各学校により試験戦略が全く違います。

小刻みに部分点をとっていく戦略、全体のストーリーを重視する戦略、キーワードを多用する戦略、などです。

どの学校も1次試験学習の時から2次試験を意識した指導をしていきますので、最初に決めたらその学校を信じて合格までの道筋を指導してもらうことが最善かと思います。

一次試験は独学で突破し、2次試験は学校へ通うという選択もあるかと思いますが、一次試験も財務、経済学、等に関しては暗記に加え理解をしなければなりません。それらを学んでいない状態からのスタートとなるとハードルは高くなります。

また、2次試験は1次試験が終わってから2か月しかなく対策の時間が非常に少ないのです。その時間のない中で学校を選んだり迷っているのはもったいないですね。

出費はかさみますが、それ以上に大切な時間を節約できます。早く合格して早く活躍でききれば、出費分は簡単に取り返せます。サラリーマンでも副業が可能です。私も副業しており、予備校代金は回収できています。

また、勉強を始めるなら、早い方がよいです。二次試験の結果は若者有利のデータが出ていますので。

 

いろいろと書きましたが、まとめたいと思います

  • 中小企業診断士試験はそもそも難しいので、予備校のお世話になろう。
  • 若者が有利な2次試験!ここが勝負!
  • すでにベースがある、勉強が得意、など勝ち目のない強敵は存在するが、気にしない。
  • 仲間を作ろう

この記事を読んだ皆さんが、私のような時間をかけずに合格できることを祈っております。

中小企業診断士試験 多年度受験者から見た良い教材・学校とは?